大容量で高機能Gmail~Google使いこなし2~大容量で高機能、Gmailを徹底活用2
PC元気COM

探し物はここにキーワードを入れて検索してくださいね~

大容量で高機能Gmail~Gmail使いこなし2

大容量で高機能、Gmailを徹底活用
送信取り消しと添付忘れ防止

グーグルが提供する「Gメール」は、管理人が最もお気に入りのウェブメールサービス。
いまさら、人には聞けないGメール特徴と使いこなしを紹介しよう。


メールボックスの容量は7ギガ超

私はGoogle派です。
Yahoo派やMSN派の人には申し訳ありませんが...
メールは基本的にはGmail。

Gmail(Gメール)を使って、検索エンジンもGoogleで検索をして、
ブラウザのホームページはiGoogleです。
そんな管理人が、Gメールがなぜそんなに気に入っているのか、便利な機能を紹介しましょう。

送信取り消し

Gメールには、裏ワザとも呼べる機能がある。
「送信取り消し」機能だ。
メールを作成中に、何かの弾みで、うっかり「送信」ボタンを押ししまった。
などという経験はないだろうか?
この機能はそのような送信ミスを防いでくれる。
メールを送信直後、数秒間の間、上部に「メッセージを送信しました。」の文字が現われる。
その横に「取消」と書かれた文字があるのだ。
それをクリックすると、メールの送信を取り消しできる。

この機能は、標準の設定では無効になっている。
利用するには、Gメールの右上の「設定」をクリック。
「Labs」画面を開き、「送信取り消し」という追加機能を「有効」にする必要がある。

メールを送信中となっているが、キャンセルもできる。

添付忘れチェッカー

Lab画面で、もうひとつ便利な機能、「添付忘れチェッカー」という機能も設定できる。
これはメールの文面に「添付」の文字があるにもかかわらず、ファイルを添付し忘れて「送信」ボタンを押してしまったら、
ファイルが添付されていません・・・」というメッセージが現れる機能。
仕事でメールを使う人には、便利なので、一緒に「有効」にしておくといい。

設定を有効にするために、「変更を保存」ボタンをクリックする。

メール本文に添付の文字があるにもかかわらず、実際にファイルが添付されていないと、メッセージが表示され、送信をキャンセルできる。

メールもAND検索

大量にメールを保管していると、見たいメールを探すのも大変だが、GメールならGoogle検索と同様に「AND検索」でメール本文から検索語を探し出し、該当するメールを表示する探し出す。


さらに「検索オプション」を使うと、かなり絞り込める。
差出人の名前や件名で検索したり、添付ファイルの有無などで調べられる
おすすめコンテンツ
© 2003–2015PC元気COM