Google Docs~「Googleドキュメント」にストレージ機能が追加
PC元気COM

探し物はここにキーワードを入れて検索してくださいね~

Google Docs

無料で誰でも使えるネット上の文書保管庫だ

「Google Docs (Googleドキュメント)」は、無料で誰でも使えるネット上の文書保管庫だ

2010年1月13日、ドキュメント作成・共有のオンラインサービス「Google Docs (Googleドキュメント)」にオンライン・ファイルストレージ機能が追加されました。

ストレージとは、記憶装置のことで、オンラインストレージとは、その名の通りオンラインで利用する記憶装置ということになります。

文書ファイルやデジカメ写真などの画像ファイルををインターネット上のサーバに保存しておき、いつでもネット経由で利用できるようにしようというサービスです。

Googleドキュメントでは、Googleが無料提供する、ウェブブラウザ内で動くオフィスソフトを使って文書やスプレッドシート、プレゼンテーションをネットで作成して保存しておくことができました。

またそれらは、他形式とのインポート・エクスポートも可能でした。 今度は、オフィスドキュメントに限らず任意のファイルをアップロードできるようになったのです。

無料ストレージは1GBと制限があるものの、ちょっとした動画や音声などの大きなファイルを置くこともできます。
自分のパソコンやUSBなどを持ち歩かなくても、Google Docsを開けば、そこに必要な資料なり、データがあるというのは、便利なことです。
USBがあれば済むことですが、USBの欠点はどんなに注意していも、誰かしらがそれを無くしてしまうおそれがあることです。
その点Google Docsなら紛失の心配もないわけです。
またファイルを共有することもできますから、1枚のシートをアップしておけば、旅行の予定など複数で検討したい場合に、共有できて時間の節約にもなります。

Googleドキュメントとは?

Googleドキュメントは、Googleが提供する文書編集・管理サービスです。Webブラウザさえ利用できれば、特別なソフトがなくても、誰でも無料で利用することができます。
そして、一般に普及しているMicrosoft Word、Excel、PowerPointの文書ファイルを読み込むことができ、それを編集したり、書き出すことができます。

Web上ですので、あまり高度な編集は行えませんが、なにより無料で手軽に利用できることや、ネットでファイルの共有ができることが特徴です。
おすすめコンテンツ
© 2003–2015PC元気COM