絵師のえそらごと
PC元気COM

探し物はここにキーワードを入れて検索してくださいね~

絵師のえそらごと

元画像から、個性豊かな絵師が絵を描く
すごいぞ!
ほんとうに絵画な感じだ!

PCが絵を描く

自分で絵を書くのはどうも苦手という方も、パソコンに絵を描かせてみてはいかがでしょう。
「絵師のえそらごと 」は写真などの画像ファイルを題材に、「絵師」が絵を描くというユニークなシミュレーションソフトです。

さまざまな個性を持つ絵師をユーザが使い分けられるだけでなく、何枚も絵を描かせるうちに、絵師自らがタッチを変化させていくというのもおもしろい点です。
自分だけの絵師を育てることができるわけです。

題材にしたい画像を読み込んで開始ボタンを押すと、絵師が真っ白なキャンバスに独特のタッチで少しずつ絵を描き始めます。
キャンバス上をクリックするとその周辺を重点的に描いてくれるので、強調したい部分がそこを何度もクリックしてみましょう。
適当なところで、停止ボタンを押してファイルに保存します。

作者ホームページの“絵師派遣センター”から“派遣絵師”をダウンロードして描かせることもできるほか、複数の絵師で合作を描くことも可能です。

以前紹介している、カレンダーつくーる http://pcgenki.com/soft/Calender.htm
 にこのソフトで書いた絵を組み合わせて、カレンダーを作ると誰もが驚く、
自分だけのステキなカレンダーができるでしょう。
やってみたいけど元になる画像がない場合でも、作者サイトに下絵用の
フリー画像があります。
また作品も展示してあるので、どんな絵が描けるのか、一度ご覧ください。

【著作権者】 オシロ 氏
【対応OS】 WinXPWin2000Win98Win95WinNT
【ソフト種別】フリーソフト
【バージョン】3.31(07/09/20)
【作者ページ】http://www.esola.co.jp/index.html
《下絵用・絵空写真館》 http://www.esola.co.jp/shashin/index.html
 
【ダウンロード】
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se222677.html
http://www.esola.co.jp/download/esola.html

作者のサイトから最新版をダウンロードしました。
これがプログラム。インストーラ付きの自動解凍書庫になっています。
クリックしてインストール開始。
指示に従ってインストールします。
完了です。
プログラムファイルズの
esoralaフォルダに
インストールされています。
起動は、スタートメニューのショートカットから起動します。
起動画面です。
絵師と画像とキャンパスを選択します。

まずは、絵師ボタンをクリック
絵師を選ぶダイアログが表示されたら、絵師フォルダをクリックして開きます。
誰がどんな絵を描くのか、
始めは分からないので、
適当に選びましょう。
アネモーネにしました。
今度は、IMGボタンをクリックして、
画像を選択します。


フォルダ内にサンプル画像もありますが、デジカメの画像をPCに保存してあるなら、それを使っても良いでしょう。
ただし、大きな画像はそれなりにCPUを使いますから、前もってサイズをダウンするなどの注意が必要です。
作者のサイトに下絵用の写真画像がたくさん用意されいます。
こちらを利用させてもらうのも手っ取り早くて、練習にはピッタリかと思います。
おすすめコンテンツ
© 2003–2015PC元気COM