テキペ 書式を取り除き文字列だけをコピー
PC元気COM
【サンワダイレクト】わけありアウトレット

探し物はここにキーワードを入れて検索してくださいね~

テキペ  

文字列に書式情報が付随するソフトから、書式を取り除き文字列だけをコピーするソフト。

WordやWebブラウザーで「この記事いいな、忘れないようにコピーしよう。」とテキスト部分をコピーしたりすることがあります。
でもそのまま別のアプリケーションに貼り付けると、WordやHTMLで設定されているフォント属性などが一緒に貼り付けられるので、それを取り除くのに一苦労。

もし、テキストだけをコピーしたいのであれば「形式を指定して貼り付け」を利用すればよいのです、その機能のないアプリケーションもあります。
そういう場合は、いったんメモ帳に貼り付け、その結果を再度コピーして目的のアプリケーションに貼り付けるというなんとも面倒なことになってしまうのです。
 
そんな面倒な作業を取り除いてくれる『テキペ』はもの書きには頼もしいソフトです。

【著作権者】まんぼう 氏
【対応OS】Windows 95/98/Me/NT/2000/XP
【ソフト種別】フリーソフト(カンパウェア)
【バージョン】1.0
 □まんぼうのホームページ
 http://www.occn.zaq.ne.jp/mambow/
 □テキペ(ダウンロードページ)
 http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se273383.html


テキペのダウンロード

ダウンロードのサイトへのリンクを開きます。
ダウンロードをクリックして、TX202.LZHをダウンロードします。指示に従ってダウンロードしてください。
lzhファイルのダウンロードのくわしい流れは、IdeaFragment2と同じですので、詳しく確認したい場合は、そちらをみてください。
http://pcgenki.com/soft/IdeaFrag.htm
TX202.LZHがダウンロードされました。
Lhasaなどで解凍してください。
通常のフォルダが生成されました。
フォルダを開くと、中にテキペ20.exeがあるので、クリックして起動させます。
起動画面です。
停止ボタンを押すと停止します。
たとえば、WEBページの次の2行をコピーしてみます。
コピー先のファイルは、ホームページビルダーのファイルです。
できぺの動作を停止していると、このように、書式もコピーされ、コピー元と同じにコピーされます。
再び開始ボタンを押して動作中にします。
動作させて同じ部分をコピーして張り付けると、書式がはずれ、テキストだけがコピーされています。
次にエクセル文書をワードにコピーする場合です。
選択範囲をコピーしてみます。
こちらは、テキペを動作させずに、ワード文書に貼り付けた場合です。
テキペを動作させてコピーしてみます。
てきぺを動作させて同じ部分をワード文書にはりつけました。
下の部分です。
書式が外れて、テキストだけがはりつけられました。
© 2003–2014 PC元気COM