ノーロガーを図解。〜キーロガー対策ソフト 便利で面白いフリーソフトを図解で解説【PC元気生活】
 

ノーロガー

キーロガー対策ソフト

入力したキーを自動的にログファイルに記録する、キーロガーと呼ばれるプログラムの動作を阻止するソフトです。
キーロガーは、キーボードやマウスの入力をこっそり記録するスパイウェアの一種で、悪質なものはウイルスやセキュリティの脆弱性などによってPCへインストールされ、ユーザーが知らぬ間にユーザーのIDやパスワードを漏洩させてしまいます。
ノーロガーはタスクトレイに常駐し、キーロガーをはじめとする他のソフトが、キー入力の記録をできないように阻止します。
また、あらかじめ登録してあるプログラムを強制終了さすことができます。

初期設定として、機能のON・OFFをするホットキーを【Pause】キーに割り当てています。
ホットキーは、設定により他のキーに変更することができます。

作者によると、「全てのキーロガーに対して防止できる保証はありません。」とのことだが、進化したキーロガーによっては、将来的に防げない場合もあり得るかもしれませんが、確実に利用しないよりは、利用した方が安全性が高まることは事実です。

なお、キーボードフックを禁止する仕様のため、一部のキーボードユーティリティなどで正しく動作しなくなるケースがあります。
そのため普段は機能OFFで常駐させておいて、パスワード入力時のみONにすると、使いやすいです。

【著作権者】愛とゆり 氏
【対応OS】WindowsVista、XP、2000
【ソフト種別】フリーソフト
【バージョン】1.01(04/08/09)
【ダウンロード】 作者サイト □愛とゆりの部屋

ノーロガーダウンロード


nologger.lzhをダウンロードして、解凍します。
フォルダを開いて、
その中のNoLogger.exeを実行します。
普段は機能OFFで常駐させておいて、パスワード入力時のみONにすると、使いやすいです。

© 2003–2012 PC元気COM
Google検索