Lhaplus ラプラスを図解。~外部 DLL 不要の圧縮解凍ソフト
PC元気COM

探し物はここにキーワードを入れて検索してくださいね~

Lhaplus 圧縮解凍ソフト


Lhaplus(ラプラス)は、容量の大きなファイルを小さくしたり、複数のファイルを1つにまとめて扱いやすくする圧縮と、それらをもとに戻す解凍の2つの作業が、シンプルにできる圧縮解凍ソフトの定番です。
このページでは、Lhaplus(ラプラス)の使い方について説明します。

Lhaplus(ラプラス)初回起動

デスクトップ画面に作成された「Lhaplus」のショートカットをクリックして、Lhaplus(ラプラス)を起動します。

Lhaplus(ラプラス)の設定画面が開きます。
一般設定に、解凍設定と、圧縮設定があります。

解凍設定では、どこに解凍するかを決めますが、
アーカイブファイルと同じフォルダにチェックを入れたほうが、
別のフォルダを開くよりも、操作が楽です。
フォルダがない場合には、フォルダを自動で生成したほうがいいですし、すでにフォルダがある場合は、2重の入れ子になるのを避ける方がいいので、おすすめは、上図の設定です。
圧縮設定でも、圧縮ファイルをどこに作成するかを指定します。
アーカイブファイルと同じフォルダにチェックを入れたほうが、
別のフォルダに作成するよりも、操作が楽です。

使い慣れてくるうちに、自分にあった設定に変更してください。

Lhaplus(ラプラス)圧縮する

圧縮したいファイルやフォルダをデスクトップの「Lhaplus」ショートカットにドラッグします。

圧縮形式を選びます。
管理人は、zipよちもlzhを好みます。

圧縮形式は、変更できます。パスワード付きのzipで圧縮することにします。
「はい」をクリックします。

パスワードを決めて入力します。パスワードは、忘れないように、メモなどしておきましょう。
デスクトップに圧縮したzipファイルが作成されました。
おすすめコンテンツ

© 2003–2015PC元気COM