USB Image Toolを図解。~USB デバイスを、イメージファイルとしてバックアップ
PC元気COM

探し物はここにキーワードを入れて検索してくださいね~

USB Image Tool

USB デバイスを、イメージファイルとしてバックアップ

USB Image Toolは、USB デバイスの内容を、イメージファイルとしてバックアップし、復元もできるソフトです。

USB Image Toolを使ってUSBメモリのバックアップをとる

MP3音楽ファイルを入れたUSBメモリのバックアップ中です。

バックアップ完了です。
先程指定した名前で.imgファイルが作成されています。

バックアップを復元する

今度は、同じサイズの空のUSBメモリに今バックアップしたイメージファイルを復元したいと思います。
PCに復元先となる対象のUSBメモリを接族します。
USB Image Toolで、目的のUSBデバイスを選択し、Restore(復元)ボタンをクリックします。
リストアボタンをクリックすると、イメージファイルを選択する
ダイアログが表示されるので、復元したいイメージファイルを選択します。
下図では、先程制作した、usbmusic.imgファイルを選択しています。
ほんとうに復元しますかと聞いてきます。
ここで、もし復元先を間違うと、すべて上書きされるので、注意を促すためです。
間違っていなければ、はいをクリックします。
復元が完了しました。

USB Image Toolを使う時に注意することがら

1.USB Image Toolを使う時は、対象のデバイスを間違わないように気をつけてください。なるべく複数のUSBを接続しないように、目的のUSBだけ接続するほうが安全に作業ができます。
2.USB Image Toolを使う時は、復元先は、もとのUSBデバイスとサイズが同じ方が都合が良いです。
仮に、容量8ギガのUSBのバックアップを16ギガのUSBに復元したとすると、16ギガのUSBは容量8ギガのUSBとして認識されます。
残りの8ギガは未使用領域となります。
残りの8ギガも使いたいときは、パーティーションの変更ソフトを使ってパーティーションの編集をしなければなりません。

© 2003–2014 PC元気COM