その後のラブライブ

ラブライブの続きを勝手に考えてみる EP-023 新しい挑戦①(189)


ラブライブの続きを勝手に考えてみるEP-023 新しい挑戦①(189)

音乃木坂図書室 司書

ラブライブの続きを勝手に考えてみるEP-023 新しい挑戦①(189)
image
ラブライブ! 2nd Season

ラブライブ! 2nd Season Blu-Rayより

ー 9月上旬スクールアイドル部部室にて ー

夏休みも終わり音乃木坂は2学期を迎え、普段と変わらない日常が戻っていた。

μ'sファイナルライブより約1ヵ月。

μ'sとしての活動は終了したが、スクールアイドルとしての活動が終わったわけではない。

むしろ6人は新しいユニットμ'sicforeverとしてより一層スクールアイドルとしての活動に励んでいた。

部室には、いつもと変わらずに元気なスクールアイドル部部員が全員集合していた。

そして他の皆に遅れること10分。

ガラガラと大きな音を立てて部室の扉を開けて、全員の視線を集めておいてから入室してきたのは、部長の花陽だった。

そして、開口一番、大声で全員に言い放つ。

「たったった大変です…なんてことなの…どうしよう、どうするの私!?大変な大変で大変です。!」

大げさなアクションとともに花陽の大声が皆の耳を劈いた。

だが、1年生部員ももう慣れたものである。

大半の部員が花陽の行動を察知し、耳を塞いでいた。

そこにことりが言う。

「花陽ちゃん落ち着いて。何が大変なのか全然わからないよ」

「大変なのは花陽じゃないの。テンパると昔から全然変わらないよね」

あたふたしている花陽を見て、真姫が言った。

こういう時の花陽は、大抵がアイドルに関するビッグニュースのことだろうと言う事は皆がわかっていた。

そんな花陽を凛が落ち着かせる。

「ほら、かよちん、このお菓子おいしいよ。はいあーん」

まるで餌を与えられた池の鯉のようにお菓子にパクつく花陽。

「あーおいしい…おかわり!」。

「さすが凛。花陽の取り扱いに慣れていますね」と言って海未が笑う。

どうやら花陽はお菓子を食べて落ち着いたらしい。

PCの元へと移動し、何かのページを開く。

そして…「これを見てください。!」と言いながら、机をバンバンと叩きPCを皆へと見せる。

開いているのはLoveLiveオフィシャルホームページであるが、そこにはこう書かれていた。

“Next LoveLive in 東京ドーム Coming Soon…“と。

LoveLiveオフィシャルホームページは学校の授業が終わった後の16時に毎日更新される。

花陽は毎日1秒も遅れることなく、チェックをしているのだ。

そんな花陽の目に飛び込んできたビックニュースは、LoveLive次回大会の情報だった。

花陽が大騒ぎするのも無理は無い。

「大変です。これはもう事件ですよ!次の大会はまさかの東京ドームですよ。東京ドームだなんて…秋葉ドームよりさらに収容人数の多い東京ドーム…もう意味わかんない!凄すぎハラショーですよ。私は一体どうすれば良いのでしょうか?…」

興奮状態の花陽は言っていることが支離滅裂なことが多々ある。

そんな花陽に真姫が冷静に言う。

「そんなの決まってるじゃない。東京ドーム目指すのよ」

東京ドームが舞台と言うのは凄い事だろう。

花陽を始め、皆がラブライブの次大会の話で盛り上がっていた。

1人を除いて…その1人とは今までずっと黙っていた穂乃果である。

穂乃果は立ち上がり、神妙な面持ちで話し出した。

「花陽ちゃん…私からも大変なお知らせがあるの…」

「は、はい…何でしょうか穂乃果ちゃん…」

凄みのある穂乃果の雰囲気に、気圧される花陽。

他の部員もただならぬ気配に、一同がゴクリと唾を飲み込んだ。

「あの定食屋が今年も新米フェアをやるそうですよ。黄金米フェアだそうで…スタンプカードもまたやるらしいですぜ部長…」

「な…!?本当ですか?それは大変だ…ビッグニュースです…いつからなの穂乃果ちゃん?」

「今週末からですぜ…割引券ももらってきましたぜ部長…」

「なぬ!?仕事が早いですな穂乃果ちゃん…いきましょう、是非!」

そこへ腹に据え兼ねた海未が一喝する。

「あなたたちはいい加減にしてください。!」

何しろ2人はダイエット中に、定食屋に花陽と言う暴挙に出たことがあるのだ。海未が怒るのも当然だろう。

「はぁ、真面目に聞いた私がバカだったよ。…」真姫が言った。

そして穂乃果が最後を締めくくるように言う。

「美音乃木坂スクールアイドル部全員で新米食べる…じゃなくてみんなで東京ドーム目指すぞー!」。

とにかくスクールアイドル部は全員で盛り上がっていた。

こうして新しい目標に向かってスタートしたのである。


生徒会室で

ー ある日の生徒会室にて ー

生徒会の仕事と言うのは意外と多い。

普段の学校生活の事は当然として、各行事、部活動関連と多岐にわたる。

特に今年は一気に生徒が増加し、今まで以上に忙しいのであった。

生徒会室で仕事をしつつ、真姫が1人言った。

「うーん、やっぱりスクールアイドル部はもう少し部費を上げないときついかなぁ…」

ボールペンをくるっと回す真姫。

生徒会長の真姫は来年度の各部の予算割に追われていた。

そこへ隣で別の仕事をする花陽が言う。

「あぁそうだ。まきちゃんに相談なんだけど、いいかなぁ。?」

「ん、なぁに?どんな相談?」 

「前に穂乃果ちゃんとことりちゃんには、少し話したんだけど、スクールアイドル部で定期的に学校内でライブできないかなと思ったの。

例えばだけど、クリスマスライブやサマーライブみたいな感じで、定期的にライブやりたいなぁって。一年生もたくさん入ったし、そうすればみんなももっとアピールできると思って」

「なるほど…確かに良い考えね。でも実現するには課題も多そうね。やるとしたら休日の日でしょ?そうなると先生にも協力してもらわないといけないし、音響部とか他部の協力も必要だし…これはことりに相談ね」

そこへ話を聞いていた凛が口を挟む。

「なんでことりちゃんに相談なの?」

「ことりから直接理事長にお願いしてもらうのよ。そっちのほうが早いでしょ。もちろんスクールアイドル部として書面で要望書を提出するけどね」

と言って真姫はすぐにことりに電話をする。

「…うん、そういう事だからさぁ、ことり悪いけどよろしくね。うん、また後で」

早速花陽の、提案したライブの件をお願いした真姫であった。

前生徒会長とは違って、本当に仕事の早い真姫である。

「さてと…こっちの件も片付けちゃいましょう」と言う真姫であったが…書類の山を見てため息を吐く3人であった。

続く

Imagining the Continuation of Love Live EP-002NextStage②

English Virsion

ファミレスで

Title: Imagining the Continuation of Love Live EP-002NextStage①(189)

In the school idol club room in early September.

With the end of summer vacation, Otonokizaka Academy welcomed the second term, and everyday life returned to normal.

About a month had passed since μ's final live performance.

While μ's had concluded their activities as a unit, their school idol activities were far from over.

In fact, the six members were now more active than ever as a new unit called μ'sicforever.

The club room was bustling as usual with all the energetic school idol members gathered.

Then, ten minutes behind everyone else, the door to the club room burst open with a loud noise, drawing everyone's gaze just as the club president, Hanayo, entered.

Her first words were shouted loudly to everyone.

It's a huge crisis... what should I do, what do we do!? It's a crisis of crises!

With exaggerated actions, Hanayo's loud voice echoed through everyone's ears.

However, the first-year members were already used to it.

Most of them had anticipated Hanayo's actions and covered their ears.

Kotori then said,

Calm down, Hanayo-chan. We can't understand what the crisis is about if you don't tell us.

The crisis isn't new to you, Hanayo. You've always been like this when you're flustered, Maki commented, observing Hanayo's panic.

Everyone knew that when Hanayo acted like this, it usually involved big news about idols.

Rin tried to calm her down.

Look, Kayochin, try some of this candy, it's really good. Here, ah!

Hanayo bit into the candy like a koi being fed in a pond.

Ah, delicious... more please!

Rin really knows how to handle Hanayo, Umi said with a laugh.

It seemed that eating candy had calmed Hanayo down.

She moved to the computer, opened a webpage, and then said, "Look at this!" as she banged on the desk to show the PC screen to everyone.

It was opened to the official LoveLive website, which had a message saying:

Next LoveLive at Tokyo Dome Coming Soon…

The LoveLive official homepage updates daily at 4 PM after school ends.

Hanayo never missed checking it, not even a second late.

The big news that caught her eye was about the next LoveLive event.

It was no wonder Hanayo was making such a fuss.

It's serious. This is an event! The next competition is at the Tokyo Dome of all places... more capacity than Akihabara Dome... it's just unbelievable! Too amazing, how spectacular! What should I do?

Hanayo was in an excited state, her speech becoming increasingly disjointed.

Maki said coolly,

It's obvious, isn't it? We aim for the Tokyo Dome.

The prospect of performing at the Tokyo Dome was indeed a big deal.

Everyone was excitedly discussing the next LoveLive event, except for one person... Honoka, who had been silent until now.

Honoka stood up, with a serious expression, and began to speak.

Hanayo-chan... I have some serious news too...

Yes... what is it, Honoka-chan?

Pressured by Honoka's intense atmosphere, Hanayo was overwhelmed.

The other members also sensed the unusual tension and swallowed nervously.

That diner is having their New Rice Fair again this year. It's the Golden Rice Fair... and they're doing the stamp card again, chief...

What!? Really? That's huge news... when does it start, Honoka-chan?

This weekend... and I've got some discount coupons too, chief...

What!? You're quick, Honoka-chan... let's go, by all means!

Umi, unable to hold back any longer, shouted,

Both of you, please get a grip!

After all, the two of them had previously made the rash decision to visit the diner while on a diet, and Umi's anger was justified.

Ah, I was a fool to take you seriously... Maki lamented.

And Honoka concluded with,

Let's not just eat new rice at Mionogizaka School Idol Club... let's aim for the Tokyo Dome together!

Regardless, the school idol club was all fired up together.

And so, they started toward a new goal.

One day in the student council room

The work of the student council is surprisingly extensive.

Not only the regular school activities but also various events and club activities.

Especially this year, with a sudden increase in students, the workload was heavier than ever.

While working in the student council room, Maki muttered,

Hmm, maybe we really need to increase the budget for the School Idol Club...

Spinning her ballpoint pen, Maki, the student council president, was overwhelmed with planning next year's budgets for various clubs.

Then, Hanayo, working on another task nearby, said,

Uh, Maki-chan, can I ask you something?

What is it? What kind of consultation?

I was talking to Honoka-chan and Kotori-chan before, but I was thinking, couldn't we have regular live performances for the School Idol Club? Like a Christmas Live or Summer Live, to give everyone a chance to shine more, especially since we have many first-years now.

That's a good idea... But it's going to be challenging to realize. It would have to be on a holiday, right? We'd need the cooperation of the teachers and other departments like the sound tech club... I'll consult Kotori about this.

Why consult Kotori? Rin interjected.

Because it's faster if Kotori directly asks the principal. Of course, the School Idol Club will submit a formal request in writing, Maki replied and immediately called Kotori.

...Yeah, that's the situation, so please, Kotori, take care of it. Yeah, talk later.

Maki promptly arranged the live performance idea proposed by Hanayo.

Unlike the previous student council president, Maki was remarkably efficient at her job.

Well then... let's get this sorted out too, Maki said, but all three sighed as they looked at the pile of documents.

To be continued

Word 日本語訳 English Explanation
prospect 見込み A possibility or likelihood of future success or occurrence.
engaged 従事している Occupied, involved, or busy with something.
determination 決意 The process of establishing something exactly by calculation or research.
overwhelmed 圧倒された Affected very strongly or too much to handle.
tension 緊張 A strained state or condition resulting from forces acting in opposition to each other.
sigh ため息 To emit a long, deep, audible breath expressing sadness, relief, tiredness, or a similar feeling.
SF沼におちた僕の本棚
音乃木坂図書室