その後のラブライブ

ラブライブの続きを勝手に考えてみる EP-023 新しい挑戦④(192)


ラブライブの続きを勝手に考えてみるEP-023 新しい挑戦④(192)

音乃木坂図書室 司書

ラブライブの続きを勝手に考えてみるEP-023 新しい挑戦④(192)
image
ラブライブ! 2nd Season

ラブライブ! 2nd Season Blu-Rayより

ー9月最終土曜日=

今日はスクールアイドル部による記念すべき第1回定期ライブの日である。

音乃木坂学院スクールアイドル部定期ライブinサマーと書かれたチラシが校内の至る所に貼られており、その熱が伝わってくる。

定期ライブは学園祭ライブ同様に外部からの人も来場できるようになっている。

1年生のチラシ配布の効果もあって、音乃木坂学院の校門前には朝早くから多くの人が列をなしていた。

生徒以外に用意された500枚の入場整理券は、早い段階で全て配布済みとなり、音乃木坂のスクールアイドルの人気がうかがえるものであろう。

また今回のライブでは、映像部の協力によってネットで生配信されることになっている。

音乃木坂のスクールアイドルを、もっとアピールするためにと考案したこの定期ライブは、音乃木坂学院の知名度を上げるのにもひと役買う結果となっており、学校にとっても有意義なものになった事は間違いない。

記念すべき第一回ライブは、映像部や音響照明部以外にも、多くの部が協力をしており、校庭に設けられた簡易ステージでの野外ライブとなっている。

9月も、もう間もなく終わるとは言え、まだまだ厳しい残暑で、真夏のような日が降り注ぐ中で、スクールアイドル部部員たちは最後の調整を行っていた。

今回の出演者は、音乃木坂のスクールアイドル、一年生ユニットの”Ray-OG”と”Aphrodite=Venus”、”S-Girls(スペクタクルガールズ)”そして、μ‘sの後継ユニットとも言える”μ‘sicforever”の4人ネットに加え、元μ‘sメンバーで形成された”Printemps”に”Lily-White”の合わせて6ユニットである。

基本的に音乃木坂のスクールアイドルのアピールと言う目的の定期ライブではあるが、よりいっそうライブを盛り上げるためにと言うことで、ゲストも参加できるシステムにしたのである。

なので、今回は希、海未、凛の3人に愛乃を加えた新ユニット”Lily-White”がゲスト枠での参加となっている。

”Printemps”も、一応は学外ユニットと言う形で活動してはいるが、メンバー全員が音乃木坂に在学中と言うこともあって、こちらは今回はゲストではなく、通常枠での参加となっていた。

告知のチラシには、スペシャルゲストとして、Lily-Whiteの名が記されているが、今日のライブを見に来る人たちにとっては謎のユニットであった。

何故かと言うと、Lily-Whiteは1部関係者以外は、まだ誰も知らないのだ。

ちなみにだが。花陽はBiBiとA– RISEにもゲスト出演を打診していたのだが、両者ともそれぞれ都合が合わず、今回は参加とはならなかった。

そもそもBiBiとA– RISEが参加していたら、大変なことになっていただろう。

BiBiは今ではインディーズアイドルの中でも、飛び抜けて人気の高いアイドルだし、A– RISEにとっては超大人気のプロアイドルだ。

もし両者が参加していたら、学園祭ライブの時以上に大騒ぎになっていただろうし、それこそ普通に入場料が取れてしまうライブになっていただろう。

そうこうしているうちに、それぞれのユニットのリハも終わって、開場も始まり、ライブ開始まであと30分となっていた。

校庭の簡易ステージ前の観客席は一般客と在校生、出演者の関係者含め800人近い人で、すでにすごい盛り上がりを見せている。

それだけ音乃木坂はμ‘sによって有名となり、音乃木坂のスクールアイドルが注目されていると言う証拠だろう。

そこでステージ裏で待機しているスクールアイドル部部員の下に、OGの希が合流した。

「ヤッホー、みんな元気しとった?久しぶりやね」今日”Lily-White”として出演する希、ギリギリの合流だった。

「あ、希ちゃん、久しぶり!あいたかったよ。元気だった?」と言ったのは穂乃果である。

「うちは元気だよ。穂乃果ちゃんも元気そうで何より。海未ちゃんと凛ちゃんとは”Lily-White”の活動でちょいちょい会ってたけど、他のみんなとは2ヶ月ぶり位やね」

希が穂乃果、ことり真姫、花陽と会ったのはμ‘sファイナルライブとなった。第3回ラブライブアキバドーム大会の翌日に9人で遊んで以来だった。

夏休みの間、希はあちこちに旅行へ行ったり、バイトであったり、学校の研究課題であったりと多忙であったため、みんなと久しく会っていなかった。

とはいっても2ヶ月弱だし、連絡は取り合っていたが。

校庭でライブ

「希は私たちに会うたびに、みんなに会いたいって言ってましたよね」

「海ちゃん、余計なこと言わんといてよ!」

「希ちゃんて結構寂しがり屋なんだにゃー」

蛇足とばかりに凛が言った。

恥ずかしそうにする希であったが、元μ‘sのメンバーと集まると、自然と笑顔で溢れていた。

「でも希ちゃん、今日ライブで出演するのにリハしなくて大丈夫。ことりが尋ねた。

「うん、まぁ何とかなるんじゃないかな。本当はもっと早く来たかったんやけど、用事あってね。海未ちゃんと凛ちゃんのこと信頼してるから大丈夫だと思う」

と言う望みだが、実は今日のセトリも知らないため、後で凛は打ち合わせをすることになるのだった。

穂乃果が希に尋ねる。

「ねぇ希ちゃん、今日絵里ちゃんとにこちゃんは来ないのかな?」

「絵里ちは用事で来れないって言ってたけど、にこちはどうやろ?こういうイベントは大好きだからきそうやけど」

「絵里ちゃんは来れないから、みんな予定もあるし、仕方ないね。

にこちゃんは私も来そうな気がする!」

絵里のことが大好きな穂乃果は、久しぶりに今日会えるかと思っていたので、少し残念そうだ。

だが、みんなでにこの話題で盛り上がっていると、すぐ笑顔になっていた。

そんな中、真姫の脳裏に嫌な予感が漂う。

今日のライブの件、真姫は絵里の都合がつかないのを事前に知っていたので、真姫の口からは何も伝えていない。

だが、おそらくその話は花陽もしくは絵里から伝わっていただろう。

そうでなくても耳ざといにこのことだ。

遅かれ早かれライブのことを知っただろう。となるとBiBiの出演がないにしてもにこのことだ。

きっと…と真姫が思っていた時のことだ。

観客席の方から黄色い歓声があがっている。

真姫がステージの裏から確認すると…真姫の予感は的中する。

「ねぇみんなあそこ見てよ…」

真姫が指を指していたその方向を皆が見ると、何やら観客席の方で人混みができている。

そして黄色い歓声に囲まれる中、よく聞き覚えのある声が会場に響いていた。

Imagine the Continuation of Love Live, EP-023 New Challenge④ (192)

English Virsion

校庭でライブ

Title: Imagine the Continuation of Love Live, EP-023 New Challenge④ (192)

Thanks to the flyer distribution by the first-year students, many people lined up in front of Otonokizaka Academy's gate from early morning.

All 500 admission tickets prepared for non-students were distributed early, showcasing the popularity of Otonokizaka's school idols.

Additionally, this live performance will be broadcasted live online with the cooperation of the video club.

This regular live event, designed to promote Otonokizaka's school idols, has also helped increase the school's visibility, making it a beneficial event for the academy.

The memorable first live show has become an outdoor event held on a temporary stage set up in the schoolyard, with the support of many clubs, including the video club and the sound and lighting club.

Although September is about to end, the lingering heat of summer continues, with the scorching sun beaming down as the school idol club members made final adjustments.

This time, the performers include four units from Otonokizaka's school idols: the first-year units "Ray-OG," "Aphrodite=Venus," "S-Girls (Spectacular Girls)," and "μ'sicforever," the successor unit to μ's, along with "Printemps" and "Lily-White," formed by former μ's members, totaling six units.

Although the primary purpose of this regular live event is to promote Otonokizaka's school idols, guests are allowed to participate to further enliven the event.

Therefore, the new unit "Lily-White," consisting of Nozomi, Umi, Rin, and Aino, is participating as a guest.

Printemps also operates as an external unit, but since all members are still attending Otonokizaka, they are participating in the regular category this time.

Although "Lily-White" is listed as a special guest on the flyers, they remain a mysterious unit to those coming to watch the live show today.

This is because, except for a few insiders, no one knows about "Lily-White" yet.

Incidentally, Hanayo had also invited BiBi and A-RISE as guest performers, but both had scheduling conflicts and could not participate this time.

If BiBi and A-RISE had participated, it would have been quite a commotion.

BiBi is now one of the most popular indie idols, and A-RISE is an immensely popular professional idol.

If both had participated, it would have been even more chaotic than the school festival live, and it could have easily become a ticketed event.

In the meantime, the rehearsals for each unit were completed, the venue opened, and it was 30 minutes before the live show started.

The audience seats in front of the temporary stage in the schoolyard were already buzzing with excitement, with nearly 800 people, including general guests, current students, and the performers' acquaintances.

This is a testament to how famous Otonokizaka has become due to μ's, and how much attention Otonokizaka's school idols are receiving.

At that moment, Nozomi, a former member of μ's, joined the school idol club members waiting behind the stage.

Hey everyone, how have you been? It's been a while, said Nozomi, who was just in time to perform as "Lily-White" today.

Oh, Nozomi-chan, it's been a while! I've missed you. How have you been? responded Honoka.

I've been good. It's great to see you looking well too, Honoka-chan. I've met Umi-chan and Rin-chan occasionally through 'Lily-White' activities, but it's been about two months since I've seen the others, said Nozomi.

The last time Nozomi saw Honoka, Kotori, Maki, and Hanayo was after μ's final live, the 3rd Love Live Akiba Dome tournament, when the nine members hung out together.

During the summer vacation, Nozomi had been busy traveling, working part-time, and doing school research projects, so she hadn't seen everyone for a while.

Even so, it had been less than two months, and they had kept in touch.

Nozomi always says she wants to meet everyone whenever we meet, said Umi.

Umi-chan, don't say unnecessary things!

Nozomi-chan is quite the lonely type, isn't she? added Rin teasingly.

Although embarrassed, Nozomi naturally smiled when gathering with the former μ's members.

But Nozomi-chan, isn't it okay to perform at the live without rehearsal? Kotori asked.

Well, I think it will be fine somehow. I wanted to come earlier, but I had something to do. I trust Umi-chan and Rin-chan, so I think it will be okay, replied Nozomi.

However, Nozomi didn't know today's setlist, so Rin would brief her later.

Honoka asked Nozomi, "Hey Nozomi-chan, isn't Eri-chan and Nico-chan coming today?"

Eri said she couldn't come due to some important matter, but I'm not sure about Nico. She loves these kinds of events, so she might show up.

It's a shame Eri-chan can't come, but everyone has their plans, so it can't be helped. I also have a feeling Nico-chan might come! said Honoka, who was slightly disappointed as she had hoped to see Eri after a long time.

However, as the conversation shifted to Nico, Honoka soon brightened up.

Meanwhile, a bad feeling crossed Maki's mind.

Regarding today's live show, Maki knew in advance that Eri couldn't make it, so she hadn't mentioned it.

However, Hanayo or Eri must have told them anyway.

And considering Nico's keen ears, she probably learned about the live show sooner or later. So even if BiBi wasn't performing, Maki thought that Nico might still show up.

Then, there was a cheer from the audience.

Maki looked from behind the stage and her premonition came true.

Hey everyone, look over there...

Following Maki's pointing finger, everyone looked toward the audience, where a crowd was forming.

Amid the cheers, a familiar voice echoed through the venue.

SF沼におちた僕の本棚
音乃木坂図書室