OpenOffice.org〜「Microsoft Office2003」互換のフリーのオフィス統合環境
ぜんぶタダ!フリーソフトでPC元気生活
探し物はここにキーワードを入れて検索してくださいね〜

OpenOffice.org

「Microsoft Office2003」互換のフリーのオフィス統合環境

OpenOffice.org(オープンオフィス ドット オルグ)

オープンオフィスは、ワープロや表計算などを含むフリーのオフィス統合ソフト。
正しくは、OpenOffice.org(オープンオフィス ドット オルグ)と言いますが、ここでは、
オープンオフィスと呼びます。
無料で入手できて、自由に利用できます 。
もとは、米Sun Microsystemsの有料のオフィス統合環境「StarOffice」から、
付属フォントやサポートなどを省いてオープンソースで開発が進められているのです。

オフィス統合環境の標準的ソフトといえる「Microsoft Office」と操作性やデータの互換性をもち、「Word」や「Excel」などのファイルを読み書きできるのが、最大の特長です。
いろいろあってもダウンロードに迷うかもしれませんが、
ワープロソフトには「Writer」、
表計算ソフトには「Calc」、
プレゼンテーションソフトとして「Impress」、
ドローソフトとして「Draw」、
データベースソフトには「Base」、
最後に、数式エディターの「Math」の6つのソフトで構成されています。

最新版の入手からインストールまで

【著作権者】Sun Microsystems Inc.
【対応OS】Windows 98/Me/2000/XP/2003/Vista
【ソフト種別】フリーソフト(寄付歓迎)
【バージョン】2.31
【ダウンロード】
OpenOffice.orgは、次のサイトからダウンロードできます。
OpenOffice.org日本語プロジェクト
OpenOffice.org日本ユーザー会

最新バージョンのダウンロード  v2.3.1 日本語版 (07/12/06)
他のダウンロードページ 窓の杜  ミラー
旧バージョンのダウンロードページ
Q&A集と質問コーナー

ポイント
OpenOffice.orgの日本語版をダウンロード
インストーラも日本語化されているので、インストーラーの指示にしたがいインストールする。

OpenOffice.orgダウンロードとインストール手順

ダウンロードリンクを開きます。
ダウンロードを開始すると、キュリティの警告画面が出ますが、
保存を選びます。
プログラムは適当な場所に保存します。
プログラムがダウンロードされました。ダブルクリックするとインストールが始まります。


「次へ」ボタンをクリックします。

インストールファイルを展開するためのフォルダを指定します。特に理由がなければそのままで構いません。「展開」を押して先に進みます。

インストールウィザードが開始されます。
次へをクリックします。

ライセンス条項の確認です。「同意します」を選択します。
次へをクリックします。

ユーザー情報を入力します。

「セットアップの種類」の選択です。ここでは「すべて」を選択します。

ファイルの関連付けの設定です。チェックは入れないほうが良いです。
インストールをクリックします。
インストール中です。
完了しました。
次は、OpenOffice.org初回起動時の設定 です。
【サンワダイレクト】わけありアウトレット