Process Explorer~タスクマネージャの強化版であやしいプロセスをSTOPする
PC元気COM
【サンワダイレクト】わけありアウトレット

探し物はここにキーワードを入れて検索してくださいね~

Process Explorer

あやしいプロセスをSTOP

タスクマネージャの強化版であやしいプロセスをSTOPする 「Process Explorer」は、Windowsで動作しているプロセスの詳細な情報を取 得したり、操作したりできるツールです。
いわば、Windows付属のタスクマネージャの強化版です。

スパイソフトウェアを見つけるための道具でもあります。 
例えば、今動作しているプロセスの本体がどこにあるのか、
(exeなどへのパス)を取得できたり、そのプロセスが使用している
CPUやメモリの状況などが分かります。

使い方は、簡単で、ダウンロードして解凍して起動するだけです。

すぐにプロセスの一覧が表示されますから、見覚えのないプロセスを探してく ださい。

もし見覚えがないプロセスばっかりかもしれませんが、インストールしてある 正規のソフト名を知っていればほぼ問題ありません。

しかし、知らない名前のプロセスの方が圧倒的に多いはずです。
とくにあやしいと思う名前を発見したら、その名前をクリックして選択状態に します。

次に、実行ファイル名(その何とか.exe)をGoogleなどで検索してください。

実は、「Process Explorer」は、実行ファイル名をキーワードにしてWEB検索 する機能が搭載されていますから、メニューバーからプロセスを選択し、プル ダウンメニューから「オンライン検索」をクリックするだけなんです。
そうすれば、そのプロセスに関する(安全なのかどうか確認するための)情報 を収集できます。

また、特定のプロセスを停止したり、再起動したり、優先順位を変えたりと非 常に多くの機能があります。

検索をして、安全とか、必要ないとかがわかれば、プロセスを停止することが できます。

通常のタスクマネージャの代わりとして使用することもできます。
通常のタスクマネージャよりも詳しく表示するので、不具合やウイルスなどの
原因を発見するのに役立つでしょう。

おもな機能

・ 起動中のプロセスの一覧表示
・ 使用しているdll, キー等を表示
・ 起動中のプロセスのディレクトリを取得・フォルダをオープン
・ プロセス・プロセスツリーの強制終了
・ タスクマネージャに現れないプロセスを表示
・ ログの保存
・ CPUやメモリの使用情報のモニタ
・ 本体のメニューの[Option]→[Replace TaskManager]のチェックをオンに
 すると通常起動されるタスクマネージャとして使用できます
 (Ctrl+Alt+Delete)

【著作権者】Mark Russinovich 氏
【対応OS】Windows 95/98/Me/NT 4.0/2000/XP/Server 2003
【ソフト種別】フリーソフト
【バージョン】9.11(05/05/27)
【サイト】http://www.sysinternals.com/
【ダウンロード】
http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb896653(en-us).aspx
【日本語バッチ】
http://works.xworks.org/l10n/sysinternals/process_explorer

インストール手順
1.プログラムをダウンロード
2.解凍する
3.インストールは必要なし。
4.日本語化バッチを適用
5.プログラムを起動

Process Explorerダウンロード

ダウンロードリンクを開きます。ダウンロードボタンをクリックしましょう。
圧縮ファイルをダウンロードしたら解凍してください。
解凍されたフォルダの中を開いたところですが、このまま使うのではなく、日本語してから使います。(英語のままでいい人はこれで終わり。 procexp.exeをクリックして起動します。)

日本語化バッチのダウンロード


日本語化バッチ のリンクをクリックして左図のページを開きます。
Process Explorerの日本語化バッチをダウンロードします。
圧縮ファイルがダウンロードされました。Lhasaなどで解凍します。(zip形式は、xpの場合クリックするだけで解凍できます。)
解凍されたら、クリックし実行するだけです。

日本語化完了、Process Explorerを起動する


Process Explorerを起動しました。
Windows上で稼動しているプロセスの一覧が表示されています。
つづきへ
© 2003–2014 PC元気COM