マウ筋・・・マウスジェスチャーでソフトを動かす
PC元気COM

探し物はここにキーワードを入れて検索してくださいね~

マウ筋
マウスジェスチャーでソフトを動かす


ターゲットソフトを決めたら、アクションを設定します。

マウ筋のコマンド設定

コマンド設定という画面が現れるので、
R↑に割り当てたい、Actionを設定します。

これは、実際にキーボードから打ち込みます。
プルダウンメニューもあるので、それも利用できます。 OKボタンをクリック
赤枠のコメント欄にActionを連想させるような、わかりやすい、名前をつけます。

この場合は、Alt+F だと ワードのファイルメニューが開くので
ファイルコマンドとしました。(まんまです。)
もうすこし設定の例を紹介しておきます。
右図はエクセルに設定しているアクションの例です。

LLは、左クリック2回で、開いているエクセルのファイルを上書き保存して、ファイルを閉じるActionを設定しています。

RRは、左クリック2回で、開いているエクセルのファイルを上書き保存して、エクセルを終了させるActionを設定しています。
それぞれに対応するAction設定画面です。実行コマンドは10個登録できるので、もっと複雑な仕事をマウスのOneアクションに設定できます。
インターネットエクスプローラの設定では、
R↓のアクションで選択した部分の印刷を割り当てています。
アクション設定画面は左のようにしています。
このソフトはほんとうに役立つので、皆さんも自分にあう設定を試してください。
© 2003–2014 PC元気COM