Blu-rayコピービデオをPCでコピーする簡単な方法
PC元気COM
【サンワダイレクト】わけありアウトレット

探し物はここにキーワードを入れて検索してくださいね~

Blu-rayビデオのリッピング


PCでブルーレイ Blu-rayコピーを簡単に

Blu-rayディスクや、Blu-rayドライブもだいぶ価格が安くなってきました。
そこで、日常的にブルーレイビデオのバックアップをとれる環境がある人が増えてきていると思います。
ここでは、自己保有しているBlu-rayビデオのバックアップにあたっての準備、リッピング方法を解説していきます。

必要なもの~記録型ブルーレイドライブ

パソコンに記録型ブルーレイドライブがついているのなら、問題はありませんが、これからブルーレイドライブを選ぶなら、第一に考えるのが、
設置場所を取らない 内蔵ブルーレイドライブ でしょう。
しかし、パソコンにもともとついているDVDドライブをはずして、記録型ブルーレイドライブを装着するとなると、メーカー保証が受けられなくなります。
故障した際には、購入時の状態に戻してから修理を受けなければなりません。
つまり、追加あるいは、交換で装着した記録型ブルーレイドライブをはずして、購入時の状態に戻さない限り、延長保証も対象外となります。
この点を理解した上で、記録型ブルーレイドライブを購入しましょう。

万が一、PCに不具合があったときに、自分で対応できる自信がなく、いつもメーカーに修理してもらっているのなら、内蔵ドライブにするメリットはあまりないです。

潔く、外付記録型ブルーレイドライブ 外付記録型ブルーレイドライブ を選びましょう。
いろいろなメーカーから多種の外付記録型ブルーレイドライブがでていますが、
書き込み品質にこだわるのなら、Pioneerをおすすめします。

記録型ブルーレイドライブの準備ができたら、記録するメディアとしてのブルーレイディスクを購入するなどして用意します。

ブルーレイディスクメディアについて

メディアについては、どれを選ぶか悩む人も多いので、簡単に紹介しましょう。
ブルーレイ・ディスク(Blu-ray Disc。省略してBDと記載する場合有り)は、DVDの次世代にあたるディスクです。
DVDとは規格が違い、青紫色半導体レーザーを使用する新世代光ディスク規格によって記録します。
地上デジタル放送などのハイビジョン番組を記録するには、DVD規格では容量が圧倒的に不足します。
大きなデータを高品質で記録するメディアとして、BDは登場ました。 1層式の「BD-R」「BD-RE」の記録容量は25GB、 2層式の「BD-R DL」「BD-RE DL」になると50GBと巨大です。
そればかりか、Blu-ray Discは、1枚のディスクの多層化による容量の大幅な拡張が可能で、2010年に3層式100GB、4層式128GBの「BDXL」規格が発表されましたが、こちらは高価ですので、家庭用として一般に普及するのは、まだ先のことだと言えます。

1回だけ書きこむ場合

「BD-R」「BD-R DL」は、記録は1回きり。
永久保存版の録画に向いているといえるでしょう。
一度録画したあとに、データを削除(正確に言えば、データが抹消されるわけではない)しても、削除した分の容量は復活しません。
しかし、BDはファイナライズの必要がないので、空きがあるうちは、追記できという特性があります。

書いたり消したりできるリライタブルメディア
「BD-RE」「BD-RE DL」は、録画した番組を消すと、その分の容量を復活させることができます。
容量を節約するために、とりあえず録画はしておいて鑑賞後に消す予定の番組などの記録に向いています。繰り返し利用できるぶん、価格は、「BD-R」よりは高くなります。

書き込みメディアを用意できたら、使用するソフトをインストールしましょう。ソフトを購入するつもりなら、すぐにインストールしてもかまいませんが、試用の場合は、使用期限があるので利用する直前のインストールで良いと思います。


© 2003–2011 DVDコピーの達人
Google検索