その後のラブライブ

ラブライブの続きを勝手に考えてみる EP-022 夏の景色を探して⑨(179)


ラブライブの続きを勝手に考えてみるEP-022 夏の景色を探して⑨(179)

音乃木坂図書室 司書

ラブライブの続きを勝手に考えてみるEP-022 夏の景色を探して⑨(179)
image
ラブライブ! 2nd Season

ラブライブ! 2nd Season Blu-Rayより

いきなり手渡された秋葉ダンスフェスティバルの用紙。

これは毎年夏に開催されているアマチュアによるダンス大会。

ダンスにはあまり詳しくない私でも、地元で開催されるので、その名前くらいは知っていた。

「お前たちにはちょうどいいだろう。レベルもそんなに高い大会ではないし、どちらかと言うとダンスを楽しむ目的の大会だからな」

「ちょっと待ってよ。なんで私たちがダンス大会に…」

「お前言ってただろ。プロのアイドルになると。アイドルっていうのは歌って踊って人を楽しませるものじゃないのか?人前で踊るのなんて当たり前だろう。それとも何か?お前の言っていたことは、口ばっかりで嘘だったのか?」 

珍しくよくしゃべるって思ったけど…むかつく…言い方まじうざい…って心の中で叫びつつ、でもここで出ないって言ったら、なんだか負けのような気がした。

だから私は何の根拠もなしに言ってしまった。

「うるさいわね、上等じゃない!出て優勝してやるわよ!」

その瞬間、統堂さんは笑顔を見せた。

初めてかもしれない、この人が笑ったのを見たのは...

「そっかー、では期待しているぞ」と言って、彼女は私たちの元を去っていった。

「ツバサ本気?本当に出るの?私この大会知ってるけど、統堂さんが言うほどレベルが低い大会でもないよ」

「うん、言ったからにはね…でもあの人が言うことも一理あると思う。プロのアイドルになるなら、ダンスでも魅了できないとだよ」

私がそう言うと、あんじゅは笑顔でうなずいてくれた。

こうして私たちは、ダンス大会に向けての猛特訓が始まった。

毎日プロダンサーの練習を見学し、動きや身のこなし、体の使い方を学んだ。

そこから自分たちのダンスに昇華するように、練習に明け暮れた

最初は苦労したステップやターンも今では体に染み込み、確実に上達しているのが自分でもわかった。

でも…ダンスの練習を始めて、すでに2ヶ月、大会も1ヵ月後に迫った頃、私は何かが足りないと感じていた。

自分で言うのもなんだけど、ダンスはだいぶ上手くなってきた。

あんじゅとの息も問題ない。

だけど、何かが足りない。

その何かが私にはわからない。

きっと経験不足と言う部分が占める割合は大きいと思う。

だけど、それ以上に直感的な部分、技術的ではない部分での物足りなさを感じていた。

仕方ないので、不承不承だけど、統堂さんに私は相談してみることにした。

「それはセンスの問題だろう。残念ながらセンスは努力では埋まらない、諦めろ」。

何この女…改めてだけどむかつく…言い方ほんとまじうざい…私は怒り心頭で言い返してやろうと思ったけど、彼女は話を続けた。

「それぐらいで、いちいち怒りの感情を出すな。プロの世界では、これぐらいの厳しい言葉なんて当たり前だぞ。それを乗り越えられるかどうかだろう。そんなので諦めるぐらいなら、初めからその程度だったと言うだけだ。でお前たちはどうする?もう諦めるのか?」

「諦めるわけないでしょ?!馬鹿にしないでくれる!?」 

私が声を荒らげて言うと、なぜか彼女は笑っていた。

やっぱりこの人よくわかんない…少し変だよね…とは言わないけど、私もそう思った。

「そうか。じゃぁ私がダンスを教えてやる。残りの1ヵ月で徹底的に鍛えてやるぞ」。

やっぱり私にはこの人の考えてることがよくわからない…諦めろと言ったり、ダンスを教えると言ったり…でもそれは願ってもないことだった。

きっと統堂さんなら私が感じていた不足している何かを補ってくれると思った。

実際にこの人のダンスを何回か見たけど、同じ中学1年生とは思えないレベルだったし、私たちにはプラスにしかならないと思う。

こうして私は、今までと変わらずぎくしゃくした関係だったけど、(あんじゅは割と普通に統堂さんと話をしているのはなんでだろう…)ダンス大会向けての特訓はさらに加速していった。

ダンスレッスン

その過程で1つ、嬉しいこともあった。

統堂さんの提案で、実際の曲で踊ったほうがいいと言われて、私が作曲した曲でアイドル活動をするのと同様の練習をすることにした。

そこで統堂さんが私の作った曲を褒めてくれたんだ。

私が作った曲って知らなかったとは言え、この曲いいなと言ってくれたのが素直に嬉しかった。

そしてそれからも、私たちは練習に励んだ、

3人でのダンスは息もぴったりで、大会が近づく頃には、完成度もかなり高くなっていた。

でもちょっと待って…ふと気づいたんだけど、3人でのダンスっておかしくない? 3人って何?

確かに統堂さんはダンスの指導もしてくれたし、彼女の考えた意外性のある動きの振り付け、そして3人になったことによるダイナミックな動きは、私が感じていた足りないものを補って余りあるものだった。

でもこれ以上…

で、私たちは3人のチームで3人で大会に出るような感じじゃん…

だから一応私は確認してみた。

「あの、統堂さん、気のせいだったらいいけど、もしかしてダンス大会って私たち3人で出るのかなあ…かな?」

この質問には統堂さんも少し思案顔だった。

「うんうん。それなー。そんなつもりはなかったんだが、気がつけば私がいる前提での振り付けになっているよな。私としては別にどっちでも構わないんだが、それはお前たちに任せる」

と言われましても…今更2人での振り付けに戻してやるような時間もないし、私としてもこのまま3人で出たほうがいいとは思うけど…

やっぱり私、この人少し苦手なんだよね…て思っていたらあんじゅが言った。

「えーっ、今更2人とかありえないでしょう。3人で、出ようよ」

あんじゅは私と統堂さんをつなぐ良いアクセントなのかもしれないね。

あんじゅの言葉に統堂さんも“それでいい“と納得していたし、私としてもそれがベストだろうと同意した。

「ところで何と言う名で参加申し込みしたんだ?」と統堂さんが質問してきた。

ふふふ、やっぱり一緒に出るとなると、彼女もチーム名が気になるみたい。

これは私が考えた自信あるチーム名よ、教えてあげようじゃないの。

「私たちのチーム名はサンライズよ」

「おお、かっこいい!素敵な名前だ!最高に生かすな!」

統堂さんが称賛する声が聞こえてくる…事はなかった。

「サンライズ?なんだその絶妙に何とも言えない名は。日は昇るってなんだよ?センスを感じないなぁ」

全否定しやがったよ。こいつ…これから本当に同じチームでダンス大会に出ようと言うチームメイトとは思えないんだけど…

どうしたら齢12でこうも変な性格になっちゃうんだろう…

「う、うるさいわね!ほっといてよ。!」

「アハハハハ、はぁー、センスないなお前は。サンライズ、日は昇るってなんだよ…ハハハハハッ」

声に出して笑うことないでしょうに…いくら私でも大笑いされたら、多少はヘコむじゃんか…でも…統堂さんがこんなに楽しそうに声を出して笑っているのを初めて見た。

もともとが可愛い顔してるんだから、いつも笑っていればいいのに。

後に私はあんじゅから聞いたんだけど、彼女は小さい頃からダンス漬けの日々で、あまり友達と過ごすと言う時間はなかったって聞いた。

なんとなくだけど、私は彼女のことが理解できた。

私も小さい頃から習い事や勉強ばかりで、あまり友達といられることが少なかったから。

でもだとしても、なんでこうもひねくれた性格になっちゃうのかは私にはわからないけど、

とりあえず同じチームメンバーだし、私は言ってやったんだ。

「今度の大会で私たちが優勝したら、あんたもサンライズの正式メンバーに入れてあげてもいいわ。!」

アイドルに興味は無い、目指す世界が違うと言った統堂さん。

だけど…もし…もしもだけど、彼女がメンバーに加わってくれたら、私たちはもっと成長できて、より高いレベルの次のステージへ、そしてさらにはもっとその先へ上へ行けるんじゃないか…私はそう思ったんだ。

Imagining the Continuation of Love Live!EP-022 Searching for Summer Scenery⑨ (179)

English Virsion
(Author) Otonokizaka Library Librarian

ダンスレッスン

Imagining the Continuation of Love Live, EP-022 Searching for Summer Scenery⑨ (179)

Suddenly, I was handed a flyer for the Akihabara Dance Festival.

This is an amateur dance competition held every summer.

Even though I don't know much about dance, since it's held locally, I've at least heard of it.

This is perfect for you guys. It's not a high-level competition, and it's more about enjoying dance.

Wait a minute. Why do we have to enter a dance competition?

You said you wanted to become a professional idol, didn't you? Idols are supposed to sing, dance, and entertain people. Performing in front of an audience should be natural. Or was what you said just talk and lies?

I thought it was unusual for her to talk so much... It's annoying... Her tone is really irritating... I screamed in my heart, but I felt like saying no here would mean losing.

So I said without any basis, "Shut up, fine! We'll enter and win!"

At that moment, Todo-san smiled.

It might have been the first time I saw her smile...

Alright then, I'm looking forward to it, she said, and left us.

Tsubasa, are you serious? Are we really going to enter? I know this competition, but it's not as low-level as Todo-san said.

Yeah, since I said it... But what she said makes sense. If we want to become professional idols, we need to be able to captivate with our dance too.

When I said that, Anju nodded with a smile.

Thus, our intense training for the dance competition began.

We watched professional dancers practice every day, learning their movements, posture, and use of their bodies.

We practiced tirelessly, aiming to incorporate what we learned into our own dance.

At first, the steps and turns were difficult, but now they had become second nature, and I could see we were improving.

But... after two months of dance practice, and with the competition only a month away, I felt something was missing.

I hate to say it myself, but our dance had improved a lot.

Our synchronization with Anju was perfect.

Yet, something was lacking.

I didn't know what it was.

I thought it was largely due to lack of experience.

But beyond that, I felt an intuitive, non-technical deficiency.

So reluctantly, I decided to consult with Todo-san.

That's a matter of talent. Unfortunately, talent can't be filled with effort. Give up.

What is with this girl... Once again, she's annoying... Her way of speaking is really irritating... I was about to retort in anger, but she continued speaking.

Don't get so worked up over something like this. In the professional world, harsh words like these are common. It's about whether you can overcome them. If you give up over this, it just means that's all you were capable of from the start. So, what will you do? Are you giving up?

Of course not! Don't underestimate me!

When I raised my voice, she smiled for some reason.

I still don't get this person... She's a bit strange... I won't say it, but I thought so too.

Alright. Then I'll teach you to dance. I'll train you thoroughly for the remaining month.

I really don't understand what she's thinking... Telling me to give up, then offering to teach dance... But it's exactly what I wanted.

I thought Todo-san could fill the gap I was feeling.

I've seen her dance several times, and she's at a level I can't believe for a first-year middle schooler. I thought she could only be a positive influence for us.

Despite our awkward relationship, our intense training for the dance competition accelerated.

One happy thing happened during that time.

Todo-san suggested we practice dancing to an actual song, and we decided to practice with the song I composed, just like in our idol activities.

Todo-san praised the song I made.

Even though she didn't know I composed it, hearing her say she liked it made me genuinely happy.

We continued to practice diligently.

Our three-person dance became perfectly synchronized, and as the competition approached, our performance improved significantly.

But wait a minute... I suddenly realized, isn't a three-person dance odd? Why three?

Sure, Todo-san taught us dance, and her creative choreography and dynamic movements as a trio more than filled the gap I felt.

But beyond this...

It felt like we were entering the competition as a three-person team...

So I asked just to confirm.

Um, Todo-san, maybe it's just my imagination, but are we entering the dance competition as a trio?

Todo-san also seemed a bit pensive at this question.

Yeah. That wasn't the plan, but before I knew it, the choreography assumed my presence. I don't mind either way, so it's up to you.

But there's no time to revert to a two-person choreography, and I think it's best to enter as three.

I still find her a bit difficult to handle... But then Anju spoke up.

There's no way we can do it as two now. Let's go as three.

Anju might be the perfect bridge between me and Todo-san.

Todo-san agreed with Anju, and I also thought it was the best choice.

By the way, what name did you register with? Todo-san asked.

Hehe, she must be curious about our team name now that we're entering together.

This is the confident team name I came up with. I'll tell her.

Our team name is Sunrise.

Oh, that's cool! What a great name! So stylish!

Todo-san's voice of admiration... was not heard.

Sunrise? What's that weirdly vague name? Sunrise? No sense of style.

She completely dismissed it. I can't believe we're about to enter a dance competition together as a team...

How can someone be so peculiar at 12 years old...

Sh-shut up! Leave me alone!

Hahaha, you really have no sense. Sunrise, sunrise... Hahaha.

There's no need to laugh out loud... Even I feel a bit down when laughed at like this... But it's the first time I've seen Todo-san laugh so happily.

She has a cute face to begin with, so she should always smile.

Later, Anju told me that Todo-san had spent most of her time dancing since she was little, and didn't have much time to spend with friends.

Somehow, I felt I understood her.

I too spent my childhood on lessons and studies, with little time for friends.

Still, I don't know why she turned out so twisted...

For now, as a team member, I told her.

If we win the upcoming competition, I'll officially make you a member of Sunrise!

Todo-san said she wasn't interested in idols and aimed for a different world.

But... just maybe, if she joined, we could grow more, reach the next stage, and even go higher... I thought so.

(End of text)

To be continued.

単語 日本語訳 英語での説明
amateur アマチュア A person who engages in a pursuit, especially a sport, on an unpaid rather than a professional basis.
competition 競争、競技 An event or contest in which people compete.
synchronize 同調する、同期する To cause to occur or operate at the same time or rate.
deficiency 不足、欠乏 A lack or shortage of something essential.
reluctance 気乗りしないこと、不本意 Unwillingness or disinclination to do something.
consult 相談する To seek information or advice from someone, especially an expert.
professional プロの、職業の Relating to or connected with a profession.
particularly 特に To a higher degree than is usual or average.
reluctantly しぶしぶ、嫌々 In an unwilling and hesitant way.
dismiss 退ける、解雇する To send away or allow to leave.
ultimately 最終的に、結局 Finally; in the end.
dynamic 動的な、活発な Characterized by constant change, activity, or progress.
synchronized 同調した、同期した Occurring at the same time or rate.
appreciate 感謝する、理解する To recognize the full worth of something.
thoroughly 徹底的に In a complete and careful way.
peculiar 奇妙な、特有の Strange or odd; unusual.
constructive 建設的な Having a positive effect; helpful.
critical 批判的な、重要な Expressing adverse or disapproving comments or judgments.
deliberately 故意に、慎重に Consciously and intentionally; on purpose.
gradually 徐々に In a slow manner over a period of time.
encounter 出会う、遭遇する To unexpectedly experience or be faced with something.
SF沼におちた僕の本棚
音乃木坂図書室