人類は太陽系で繁栄するが、一方地球は

2312 太陽系動乱


2312 太陽系動乱

ロビンスン,キム・スタンリー 著 金子 浩訳

image
ロビンスン,キム・スタンリー 著

金子 浩 訳

2312年、テラフォーミング技術の発展により人類は太陽系の各地へと進出していた。

彗星から土星にかけてさらに衛星群に至るまで人類は分布し繁栄する一方で、地球は環境破壊や人口爆発に苦しんでいた。

地球は様々な問題を抱えており、宇宙の各地で栄える人類とは深刻な対立状態だった。

そんな中で拍車をかけるように水星の大物政治家であるアレックスが急死してしまう。

孫娘であるスワンのもとに訪れたのは、惑星間警察の捜査官と土星連盟の外交官だった。

各惑星と地球の関係を改善しようとするモンドラゴン協約のリーダーであったアレックスが、孫娘のスワンに重要な予言を残しているのではないかと言う理由であり、遺言は発見される。

それはアレックスが勧めていた極秘計画を届けると言うものであり、スワンはその計画の内容を知ることもできなかった。

怒りつつもスワンはその真相を知るため、木星の衛星のイオへと向かう。

さらにその後、各惑星を移動するスワンだったが、彗星の移動都市を襲う隕石の衝突に巻き込まれてしまう。

しかしそれは偶然ではなく巧妙なテロだった。

事件の真相を求めスワンは太陽系を飛び回ってゆく。

この作品はまず、太陽系が舞台であり、とにかく物語のスケールが大きい。

各エピソードの間章として「リスト」や「抜粋」と言う形で物語の内容を補完しているが、果たして今、どこで、何が起きているのかと言うのをイメージしにくいかもしれない。

作品としての好みの問題はあるかもしれないが、水星の移動都市や各惑星、衛星のテラフォーミングされた太陽系の姿であったり、人類も長命化処置で寿命が何百年となったり、肉体の改変により良性具有種も当たり前であったりと、豊富なアイディアによってSF的想像は膨らむだろう。。

SF沼におちた僕の本棚
音乃木坂図書室