冷凍睡眠とタイムマシン

夏への扉


夏への扉

ロバート・A・ハインライン著  福島 正実 (翻訳)

image
ロバート・A・ハインライン著

  福島 正実 (翻訳)

---僕の家には外へ通じるドアが猫のピートのを含めると12個もある。

1970年12月3日、僕は夏への扉を探していた---

ダニィは恋人に裏切られ、親友であり、共に会社を経営していた友人にまで裏切られ、発明家である自身の発明品まで奪われてしまった。

全てに嫌気が差していたダニィは猫のピートと共に、すべてを完全に遮断してしまえるコールドスリープに入るための契約を結ぶ。

そして自分を裏切った友人、マイルズと決着をつける為に、彼の元へと向かう。

自身の発明した商品や開発中のロボットは全て盗まれ、その真相を確かめるためにだ。

だがマイルズの家には、自分を裏切った元恋人のベリーの姿があり、ダニィはベリーニよって催眠自白強制剤を打たれてしまう。

それにより、自分の意思で動けなくなり、ベリーの意のまま操られてしまうダニィは、強制的にコールドスリープさせられてしまうのだった。

それから目覚めたのは2000年であり、30年の月日が流れていた。

最初は違いに戸惑うダニィであったが、徐々にこの時代に適応していく。

仕事も見つけ、自身がマイルズと共に立ち上げた会社で働くことになる。

そんな日常を送りつつも、ダニィは自分の所有していた株のすべてを託したリッキィを探し、マイルズとベリーへの復讐を忘れていなかった。

そんな中で出会ったのはトゥイッチェル博士だった。

博士はなんと、タイムマシンを開発していたのである。

ダニィは再び1970年に戻るべく、タイムトラベルを決行するのであった...

この作品が書かれたのは1950年代である。

だが60年以上経った今読んでも色褪せる事はない。

SFの題材としては至ってシンプルな時間ものである。

コールドスリープ→タイムトラベル→コールドスリープを繰り返し、結末に至るわけだが、そこへ辿りつくまでの過程、ストーリー構成が実に素晴らしく面白い。

また、猫のピートの活躍が猫好きにはたまらない。

ピートの出番は序盤と終盤のみだが、まるで人の言葉を理解しているかのような姿に、思わず顔がにやけてしまう人もいるだろう。

この作品は名作であり、読んで絶対に損はないだろう。

SF沼におちた僕の本棚
音乃木坂図書室